福岡市民オーケストラについて紹介します


 福岡市民オーケストラは、1972年の創立時から地域に密着した精力的な活動を続けている、福岡を代表するアマチュアオーケストラです。
こよなく音楽を愛する80名近いメンバーが、毎週土曜日に集まって練習を重ね、年2回の演奏会を中心とした演奏活動を行っています。

 中国との交流演奏会を開催、福岡音楽団体連絡会加盟の合唱団・オーケストラを総動員しての「第九inふくおか」「2001・復活」を主催、
1995年の第23回全国アマチュアオーケストラフェスティバル福岡大会を主催、2011年の第1回アジアオーケストラフェスティバル福岡大会
(第39回全国アマチュアオーケストラフェスティバル福岡大会)を主催、スポンサーの支援を得て本格的なオペラを格安料金で上演、
第19回国民文化祭・ふくおか2004ではオーケストラの祭典実行委員会の中核を担うなど、近隣の他のオーケストラには真似のできない特色ある活動を続けています。

 今後もプロのオーケストラとは一味違った、アマチュアならではの地域性ある活動を展開しながら、団の音楽レベルの向上を図るとともに、
福岡の音楽文化の発展に寄与したいと願っております。


顕彰:2001年度「福岡市民文化活動功労賞」受賞
加盟組織:公益社団法人日本アマチュアオーケストラ連盟、福岡県オーケストラ連盟、福岡音楽団体連絡会


活動状況

演奏活動:年2回の定期演奏会他
練習時間:毎週土曜日 18:30(演奏開始)〜21:00まで
練習場所:福岡市 博多区 千代町「福岡市音楽・演劇練習場 パピオ・ビールーム
団費:一般 2,000円/月、学生(大学生まで) 1,500円/月(2016年6月現在)
    および定期演奏会のチケット分担 一般20,000円、学生10,000円


過去の演奏曲目

■2010年代
■2000年代
■1990年代
■1980年代
■1970年代

福岡市民オケトップページへ